こどものくに  北海道 函館市

こんにちは!ガールズRです。
ごぶさたしております。
残暑厳しい折り、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

わたくしごとですが、7月の頭に
わが故郷である北海道の函館へ帰省しまして
またまた街の中の昭和を求めて探検して参りましたので
ご紹介いたしましょう。

まずは、子どもの頃よく行っていた遊園地へ懐かしさも含め訪ねてみました。

函館山の麓に「函館公園」という結構大きな公園がありまして
その中に、開園が昭和31年と結構歴史の古い「こどものくに」という遊園地があります。
すぐそばには、地味な動物しかいない(一番大きな動物がツキノワグマ)
小学校低学年までの子どもならなんとか騙せそうなレベルの小さな動物園もあります。
昔は公園の近くに、おばあちゃんの家があったので
おばちゃんの家に行った時は「こどものくに」に行くというのがお決まりのコースでした。
今もその頃の面影がたっぷり残ったレトロ遊園地として市民に愛されています。

f0248891_22485391.jpg

△この電車、たぶん40数年前から変わってないはず…。

f0248891_22485489.jpg

△なんと、日本一古いと認定されている観覧車!

f0248891_22485445.jpg

f0248891_22484286.jpg

△メリーゴーランドもなんとも懐かしい感じ。

f0248891_22485583.jpg

△スカイチェアー、回りながら上へ高くなって行くのですが
今乗ったらそんなに高くないんだろうな~。

f0248891_22484393.jpg

△そして、私が一番のお気に入りだった乗り物「ロータリーチェアー」!

f0248891_22485693.jpg

△角度のきつい曲がり角のところで
遠心力により外に投げ出されるようになるのを堪えるのが
楽しくて楽しくて…。(果たして今も楽しいだろうか?)

f0248891_22484447.jpg

△部分的に今どきの遊具も導入されていたのですが
鍋に入ったカエルって…??

いつまでもこのままであって欲しい「こどものくに」でした。

こどものくに
北海道函館市青柳町17-4 函館公園内


[PR]