珈琲専門店・珈琲所(福井市)A

昭和ガールズ A です。

旅先での忘れられないお店のひとつが福井県福井市にあります。

「珈琲所」さん。
f0248891_1436569.jpg
f0248891_14371434.jpg

見つけてから入店するまで、檻の中のゴリラのように何度店の前をウロウロしたことでしょう。下調べなく現地で見つけてしまったばっかりに、入りたい気持ちと入りにくい気持ちが入り混じる自分との戦いの時間です。
結局、旅先と言う特別な気持ちが「入る」を後押ししてくれてドアをあけました。
そして瞬間に「入ってよかった。」と思いました。



店内とマスターのお写真がグルメURALAさんにありました。

席はカウンターだけ。常連客とマスターさんが店内のテレビを見ていました。

茶色を基調とした店内、器が並べられた棚、綺麗に貼られた珈琲チケット。
地元のサラリーマンやおじさんだけが知っている、どこのまちにもあるようなでも貴重な憩いの場所、と行った感じです。

マスターさんは「ゆっくりしていってね。」の言葉と共に珈琲を出してくれました。

目の前にあったファイルには珈琲の効能が書かれた新聞記事が数枚ファイリングされていて(抗がん作用など)、マスターの珈琲への思いに触れた気がしました。

そして何より私の記憶に残ったのは黒電話です。
なぜ写真を撮らなかったのか今も悔やまれます。

カウンターの端に黒電話が客席に向いて置かれていて、横に10円玉が入った容器とメモ用紙がありました。10円玉の容器は半分にしたペットボトルで、切り口はビニールテープで保護。メモ用紙は小さく切ったチラシの裏を利用した物です。

公衆電話を見つけるのも難しい時代に黒電話を貸してくれる、しかも通話料は自己申請だなんて。そしてメモも添える気配り。

もう一度言います。なぜ写真を撮らなかったのか悔やまれます。

テレビでは勝新太郎の座頭市を放送していて「これまた古いな~。」と常連客のおじさんとマスターさんは話していました。

壁には三遊亭好楽さんと柳家三三さんのサイン。

にこやかに「ありがとうございました。」とおくり出してもらいました。

そして最後の最後にもやられました。珈琲代、女性客は20円引きサービスでした。

●珈琲所
福井市順化1-12-7
0776-21-4474

※写真をよく見たら二階はカレーのお店のようです。こちらも気になる所。
[PR]
by showagirls | 2013-02-26 16:41 | レトロ喫茶